るなくん's Book list / 網走市立図書館

Books
All copies in use
(3 reviews)
1.特殊清掃人
中山 七里‖著
朝日新聞出版 2022.11
Rating of るなくん :

Books
All copies in use
(1 reviews)
2.踏切の幽霊
高野 和明‖著
文藝春秋 2022.12
Rating of るなくん :

Books
All copies in use
(5 reviews)
3.川のほとりに立つ者は
寺地 はるな‖著
双葉社 2022.10
Rating of るなくん :

Books
All copies in use
(2 reviews)
4.君のクイズ
小川 哲‖著
朝日新聞出版 2022.10
Rating of るなくん :

Books
All copies in use
(8 reviews)
5.ラブカは静かに弓を持つ
安壇 美緒‖著
集英社 2022.5
Rating of るなくん :

Books
All copies in use
(1 reviews)
6.江戸一新
門井 慶喜‖著
中央公論新社 2022.12
Rating of るなくん :
知恵伊豆こと松平信綱の江戸幕府での政治手腕のお話。
冷静に事を見つめ、最善の方策を導き出し、速攻行動に移す能力に感服。
江戸の大火のあと、燃えにくい街つくりは現代にも繋がっている。
上に媚びず、人の意見も取り入れ、数多の人が安全に暮らせるようにする
手腕は現代に一人は現れて欲しいと切に願う。
知恵伊豆こと松平信綱の江戸幕府での政治手腕のお話。冷静に事を見つめ、最善の方策を...

Books
All copies in use
(1 reviews)
7.ワンダーランド急行
荻原 浩‖著
日経BP日本経済新聞出版 日経BPマーケティング(発売) 2022.12
Rating of るなくん :
ある日、会社と反対方向の電車に気まぐれに乗り、
辿り着いたところはさっきまでの世界とちょっとだけ違う・・
知っている顔ぶれなのに、立ち位置が自分もも含め、ちょっとだけ違う。
夢か?・・・現実逃避の錯覚か?・・・脳障害?・・・
どれもあてはまららないのだが、元の世界に戻りたくて行動を起こす。
今の世界がリアルなのか、ちょとだけ違う世界がリアルなのかの境目を
漂う彼は真実とは何だろう。
ある日、会社と反対方向の電車に気まぐれに乗り、辿り着いたところはさっきまでの世界...

Books
All copies in use
(1 reviews)
8.タイム・オブ・デス、デート・オブ・バース
窪 美澄‖著
筑摩書房 2022.12
Rating of るなくん :
古い団地に住む姉の七海と5歳年下の妹みかげ、姉妹で生活をするために頑張る物語。
団地警備員のぜんじろうさんが現れてから、徐々に姉妹に光がさしていき
二人の生い立ちが壮絶なのに、悲しい気持ちより応援エールを送りたくなる。
暖かい気持ちにさせてもらった。「ぜんじろうさん、ありがとう。」
二人の未来に幸あれ。
古い団地に住む姉の七海と5歳年下の妹みかげ、姉妹で生活をするために頑張る物語。団...

Books
All copies in use
(3 reviews)
9.ユア・プレゼント
青山 美智子‖著 U‐ku‖絵
PHP研究所 2022.12
Rating of るなくん :
読んでいて、ゆったりとした気持ちになれた。
どのページも美しく気負いのない絵とことば。
その中で特に印象に残ったのは「体がいうことを聞かない・・」ではなく
「私が体のいうこときかないのだ。」確かにと頷いた。
読んでいて、ゆったりとした気持ちになれた。どのページも美しく気負いのない絵とこと...

Books
All copies in use
(8 reviews)
10.しろがねの葉
千早 茜‖著
新潮社 2022.9
Rating of るなくん :
江戸時代の石見銀山が舞台の一冊。
ウメは貧しい農家の子供で、親と共に村から逃げ出しはぐれたところを
天才山師喜兵衛に拾われ、奇妙な絆で繋がった。
喜兵衛はウメに自然界で生きていくため、山や草花の知識を授ける。
だが、喜兵衛の古い仕事仕様は、活躍の場が減っていき酒浸りに・・
ウメの彼に対する愛情は、親・師匠・愛する人それぞれ一括りで深い。
この時代の労働状況はかなり劣悪だったと痛感。
世界遺産でありながら何も知らなかったことに反省した。
江戸時代の石見銀山が舞台の一冊。ウメは貧しい農家の子供で、親と共に村から逃げ出し...
>
Powerd By Google

Status
Category