Top

Kai city Library

Login

Search Result Details
Previous Next
働きはじめる前に知っておきたいワークルールの超きほん
Holdings: 2 Checked Out: 0
Available for Loan: 2 Holds: 0
Add to My cart Add to Book list
Item Status
竜王図書館 <1020466676>
Available / 2F棚1.窓/ヤングアダルト / / /366/ハ/YA / None
敷島図書館 <420572000>
Available / ヤングアダルトコーナー / / /366/ハ/YA / None
Detailed Information
ISBN-10 4-8451-1891-5
ISBN-13 978-4-8451-1891-5
Title (Kana) ハタラキハジメル マエ ニ シッテ オキタイ ワーク ルール ノ チョウキホン
Author (Kana) ササキ リョウ
Author (Kana) ヤマナカ マサヒロ
NDC 366.14
Price ¥3800
Publisher (Kana) ジュンポウシャ
Size 27cm
Number of Pages 101p
Related Subject 労働法
Related Study 労働
Related Study Kana ロウドウ
Related Study 労働法
Related Study Kana ロウドウホウ
Related Study 労働者
Related Study Kana ロウドウシャ
Related Study 雇用問題
Related Study Kana コヨウ モンダイ
Related Study 賃金
Related Study Kana チンギン
Related Study 労働条件
Related Study Kana ロウドウ ジョウケン
Related Study セクシャルハラスメント
Related Study Kana セクシャル ハラスメント
Related Study パワーハラスメント
Related Study Kana パワー ハラスメント
Related Study 就職
Related Study Kana シュウショク
Related Study 失業
Related Study Kana シツギョウ
Related Study 障害者
Related Study Kana ショウガイシャ
Related Study 高齢者
Related Study Kana コウレイシャ
Related Study 労働災害
Related Study Kana ロウドウ サイガイ
Related Study 過労死
Related Study Kana カロウシ
Related Study 労働組合
Related Study Kana ロウドウ クミアイ
Related Study 労働基本権
Related Study Kana ロウドウ キホンケン
Related Study 規則
Related Study Kana キソク
Related Study ILO
Related Study Kana アイエルオー
Related Study 外国人労働者
Related Study Kana ガイコクジン ロウドウシャ
Abstract ワークルール=働くうえで大切なきまり、守るべきルールについて、できるかぎりわかりやすく解説。とくに重要と考えられる10の「超きほん」から、賃金、労働時間、トラブル、労働者を守るしくみまでを取り上げる。
AbstractForChildren 「研修・試用期間でも最低賃金以下で働かせてはいけません」「残業をさせるときには多めに賃金を支払う必要があります」「働く条件は書面で伝えなければいけません」…。働くことに関するルール=ワークルールについて、賃金、労働時間、就職・転職・退職、トラブルなどを取り上げ、イラストを交えて詳しく解説します。
Table of Contents
はじめに
もくじ
ワークルールに関することばの一覧
1 超きほん
  (1)ワークルール 会社も働く人も「ワークルール」を守らなければいけません
  (2)労働者 会社に雇われて働く人を「労働者」といいます
  (3)働き方 労働者にはいくつかの働き方があります
  (4)採用 性別や国籍で採用や仕事の内容を決めてはいけません
  (5)最低賃金 最低限支払われなければならない賃金があります
  (6)8時間労働 1日に働く時間は8時間までです
  (7)有給休暇 誰にでも「有給休暇」をとる権利があります
  (8)子どもと育休 子どもが生まれても仕事をやめる必要はありません
  (9)やめさせる(解雇) 仕事をかんたんにやめさせることはできません
  (10 1)セクハラ 職場の「いじめ」「いやがらせ」は犯罪です(1)
  (10 2)パワハラ 職場の「いじめ」「いやがらせ」は犯罪です(2)
  ●コラムⅠ●ワークルールが適用されない!?
  (11)最低賃金・2 「研修」「試用」期間でも、最低賃金以下で働かせてはいけません
2 賃金
  (12)賃金支払いの5原則 賃金はお金で、直接本人に支払わなければいけません
  (13)手取り 労働者は賃金から、保険料や税金などが引かれた金額(=「手取り」)のみ受けとることができます
  ●コラムⅡ●[世界と日本の働き方]同一価値労働同一賃金
3 労働時間
  (14)残業 「残業」をさせていい時間は月に45時間までです
  (15)割増賃金 「残業」をさせるときには多めに賃金を支払う必要があります
  (16)休憩・休日 1日8時間をこえて働くときは、1時間の休憩をとらなくてはいけません
  (17)年少者の保護 18歳未満の年少者は夜10時以降に働かせてはいけません
  (18)一定の期間を休む 病気などのとき、仕事をやめずに一定の期間休むことができます
  ●コラムⅢ●[世界と日本の働き方]長時間労働はへっている?
4 就職・転職・退職
  (19)就職活動 採用すること(内定)を条件に就職活動をやめさせてはいけません
  (20)労働条件 働く条件は書面で伝えなければいけません
  (21)仕事をやめる 仕事をやめる人を無理にひきとめることはできません
  (22)失業給付 仕事をやめてもお金をもらえる場合があります
  (23)障がい者雇用 ある程度大きな会社には、障がいのある人を雇用する義務があります
  (24)高齢者雇用 会社には、高齢者を年金がもらえるまで(65歳まで)雇用する義務があります
  (25)転勤 事情によっては「転勤」は断ることができます
  ●コラムⅣ●[世界と日本の働き方]ブラインド採用って?
5 トラブル
  (26)賠償・ノルマ 労働者のミスに罰としてお金を支払わせることはできません
  (27)労働災害(通勤災害) 通勤中にケガをした場合でも労災の対象になることがあります
  (28)安全配慮義務 会社には労働者を安全に働かせる義務があります
  (29)労働相談 仕事のことで問題がおきたときに相談できる場所があります
  ●コラムⅤ●[世界と日本の働き方]エッセンシャルワーク
6 労働者を守るしくみ
  (30)労働組合(団結権) 会社と対等に交渉するために労働者がつくる団体があります
  (31)話し合いをする権利(団体交渉権) 労働組合は会社と働き方について話し合いをする権利があります
  (32)ストライキ(団体行動権) 会社が労働者の要求を受け入れようとしないとき、労働者は仕事を休んだりして会社に圧力をかけることができます
  (33)労働法 日本には労働者をまもる法律があります
  (34)労働協約・就業規則 働く条件はさまざまなルールをもとに決められています
  (35)ILO(国際労働機関) 国際的な労働に関する専門機関があります
  ●コラムⅥ●[世界と日本の働き方]ストライキと労働組合
  ●コラムⅦ●[世界と日本の働き方]外国人労働者
労働問題Q&A
おわりに
参考文献リスト
There are no patron reviews.

Add to Book list

To-read Currently-reading Read

Rating

Rate from 0 and 5 in 0.5 increments.
Tap [Submit] after you have modified your rating.